猫のFIP治療薬

FIP治療 comments(0) - Medusa

長らく不治の病と言われてきたFIPですが、最近では新しい治療薬により回復する猫が多くみられるようです。

日本では認可されていないのですが、海外では治療に使われることも多いようです。

 

私の知人であるフランス人ドクターは現在タイで大きなシェルターを運営しているのですが、彼女からFIPは治るという話しを聞きました。最初は驚きましたが、たしかにそのシェルターでも多くの猫達がFIPから回復しているようです。治療には84日間の投薬が必要ですが、助からない病気から治せる可能性がある病気になったというのは大変嬉しいことですね。

 

現在日本ではこの薬は認可されていませんので、海外から個人輸入をしてかかりつけの獣医さんと相談しながら治療を進めるということになります。薬の個人輸入と聞いてハードルが高く感じる方もいらっしゃるかもしれません。今回私の知人のドクターが日本からも問い合わせが多いので、私に日本の窓口になってほしいという依頼がありました。もちろん、喜んでお受けしました。

 

もしFIPの治療を望んでいるオーナーさんで、薬の輸入にお手伝いが必要な方はお気軽にご連絡ください。

 

2020/7/23追記:

私がご紹介できるのはKitty Careの治療薬です。

https://www.facebook.com/groups/3070867882956054/

 

治療薬として有名なのは中国のMutianは非常に高額です。KC(Kitty Care)の治療薬も高額ではありますが、Mutianよりは購入しやすいかと思います。ヨーロッパ、韓国、台湾では既に相当数の治療効果があるそうです。

 

 

無料ブログ作成サービス JUGEM